EMIDAS Bloggo to NC Network

2018年08月29日

遊ぶ鉄工所

HILLTOP株式会社 山本 昌作 副社長の『遊ぶ鉄工所』が日経BP社から発売された。
HILLTOP(株)は、京都府宇治市にある、アルミ切削+開発支援メーカーである。
<何度も紹介しているがあらためて紹介させていただく。>

山本副社長が大学を卒業して、会社に入った当時は、
従業員が、父ちゃん(社長)、母ちゃん(経理兼現場)、兄ちゃん、アルバイト社員という
本当の3ちゃん鉄工所であった。
来る日も来る日も同じ製品を削り、チャップリンのモダンタイムスを彷彿させる仕事に
「こんな仕事を一生やるのか?」と思ったそうだ。
(僕もプレス屋に入った時に、本当にそう思った)

しかも、儲からんし、お客様からは、理不尽な注文が相次ぐ。
そこで、山本副社長は、自分の理想工場の建設を始めたのである。

HILLTOP(株)の社長は、副社長のお兄様である。
お兄様は、2歳の時に事故が原因で、全聾だ。
そもそも、HILLTOP(株)は、山本さんのお父様が全聾の息子のために何か仕事を、と思って
始まった工場である。
そこで、そのお兄様を社長、弟を専務として、家族経営を基盤とした理想工場の追求が始まった。

山本さんの理想は、「鉄腕アトムの中に出てくる、なんでも自動で出てくるロボット」である。
図面を機械に入れると、自動的に本物になって出てくるロボット。
これを単品加工品でやろうと思ったわけだ。

マシニングセンターをロボットと見立て、昼間にプログラムを入れて、
夜にマシニングセンターを動かし、朝になると、全部、製品が出来ている。
そんなシステムを10年以上の歳月をかけて、作り上げたのである。

詳細は本を読んでいただくとして、『遊ぶ鉄工所』での教訓は、
理想の姿を描き、そこに向かって突っ走っていく、ということであろう。

弊社もHILLTOP(株)さんの動画や、加工事業、米国工場設立など、
いろいろとお手伝いをさせていただいてきた。
その中で、営業部長の静本さん、開発部長の谷口さん、製造部長の林さん、
米国社長の勇気くん、山本社長、山本副社長、山本専務、みなさんにお世話になっている。

HILLTOP(株)は、僕が理想とする、また、日本の中小製造業の理想の形の企業の一つである。

HILLTOP(株)の山本副社長は、最近、お茶の水博士にどんどん近づいている。
21世紀のお茶の水博士が、山本副社長なのではないかと思う、毎日である。

今後もHILLTOP(株)の動向からは、目が離せない。

ではでは・・・

15:17 | コメント (0) | トラックバック

2018年08月02日

SMC(スーパー・ミニマム・チャレンジ・プロジェクト)

スーパー・ミニマム・チャレンジ・プロジェクトが始動した。
50CCのバイクで世界最高速度233kmを越えようというプロジェクトである。

記者発表会
SMC2.jpg

正直、バイクに乗らない僕にとっては、何のこっちゃい、という話ではあるが、
日進工具(株)の後藤社長から
「内原さん、日本製造業の技術力を結集して、作ろうよ!」と誘われたからには、
やらないわけにはいかない。

さらに僕も普段、バイク好きの社長からいろいろ話を聞いている。

(株)マルマエ(鹿児島)の前田社長は、
20歳前後の時には、れっきとした8時間耐久レースの選手だった。

(株)ライン精工(岐阜)の長瀬社長は、今でも大型バイクに乗り、
週末になると一人、山の中をドライブする。

(株)飯塚製作所(奈良)の飯塚副社長は、
ハーレーを乗り回す。

HILLTOP(株)(京都)の静本東京支社長は、学生時代、腕自慢の暴走族であった。

製造業であれば、どんな会社においても、必ず、バイク好きはいる。

そんなわけで、僕は、製造業のバイク好きのメンバーの方に参加いただき、
「世界記録」に挑戦するというプロジェクトの事務局を承った。

今回のプロジェクトの場所は、米国、ソルトレイクシティーから西に200km。
ボンネビルという塩湖である。
ここに直線距離、約20kmの臨時レース場をつくる。

そこに50cc、125cc、250cc、etc 排気量別に最高速を目指すレースが開催される。
今回の挑戦では、50ccおよび125ccをターゲットにして、最高速を目指そうという、
チャレンジプロジェクトである。

略して「スーパー・ミニマム・チャレンジ・プロジェクト」

陣頭指揮を取るのは、映画監督の近兼拓史だ。

近兼監督も、昔は、れっきとしてバイクレーサー。
僕も、日進工具の後藤社長も、映画「切子の詩」を通じて知り合った。

そこから、近兼監督の一つの夢に掛けてみよう、という話になったのである。

興味のある方は、NCN事務局までご連絡をいただければと思います。


メインスポンサー 日進工具(株)

事務局  (株)NCネットワーク

協賛企業 

(株)マルマエ

安田工業(株)

(株)飯塚製作所

(株)キャステム

吉田工業(株)

(株)ライン精工

(株)みづほ合成工業所

(株)C&Gシステムズ

HILLTOP(株)

(株)ヒューテック

スズキ機工(株)

一般社団法人ジェネリック家電推進委員会


09:41 | コメント (0) | トラックバック

2018年07月20日

キャステムフィリピン

キャステムフィリピンの新工場竣工式に出席した。
(株)キャステムの快進撃は、留まること知らず、次から次へと話題が尽きない。

キャステム新工場入り口
キャステム新工場 (2).JPG

戸田社長
戸田社長 (2).JPG


今回は、本業のロストワックス事業の生産本拠地であるキャステムフィリピンの新工場が竣工された。
これまでは、2箇所に散っていた工場を一箇所に統合し、生産効率化を上げたとのことである。

ロストワックス型での成形風景
ロストワックス型での成形風景 (2).JPG


セラミックス型の従業員のみなさん、最敬礼
セラミックス型の従業員のみなさん、最敬礼.JPG


ひとりひとりの手作業で、1~200個くらいまでの製品を得意とする
ひとりひとりの手作業で、1~200個くらいまでの製品を得意とする (2).JPG

竣工式には、お付き合いのある銀行さん、お客様、協力工場なども呼ばれたが、
さすが戸田式経営というのは、過去のGM(ゼネラルマネージャー)が勢揃いしたことだ。
みなさん、すでに現役を引退されていて、それぞれ、伊豆、軽井沢、などに住んでいらっしゃる先立のみなさんである。

ロウソクを持って、工場見学
ロウソクを持って、工場見学 (2).JPG


キャステムフィリピンの古株の社員のみなさんも、これには大喜びで、肩を抱き合って、再会を喜んでいた。
なんだか、こちらまでもらい泣きをしてしまいそうである。

http://www.castem.co.jp/blog/cat15/20180706141401.html
 ↑
8月8日 マニー・パッキャオの腕型がキャステムから販売予定。
一個 30万円という高値だが、すでに予約がどんどん入っているそうだ。


ボクシング世界チャンピオン・マニー・パッキャオさん直筆サイン入りグローブで、
戸田社長をノックアウトの図
戸田社長をノックアウトの図 (2).JPG

さすが、キャステム。
相変わらず、凄い~

14:22 | コメント (0) | トラックバック

2017年04月06日

新人諸君へ!

4月になった。
新卒が入ってきた。
今年も5名の新人が入社した。
毎年、心を引き締めねばと思う時期である。

社会人になる時は、みな、悲しいやら、嬉しいやら、
いろいろな気持ちで一杯である。
そんな気持ちを思い出すいい機会が、毎年4月にやってくる。

NCネットワークでは、新人が来るとまず、朝礼で自己紹介。

自己紹介.jpg


その後、研修がある。

昼食は、ステーキ会食。

ステーキ会食.jpg


夕食は、洋食会食。二次会は、カラオケスナックである。
社会人としての洗礼を一日目から深く、濃く体感する。

新人のみなさんには、会社の犬にはならず、
社会のため、日本のため、世界のために、頑張ってほしい。

これから、日本を、世界を、社会の要になるのは、君たちである。
そう思って生きてほしい。

せっかく、生を頂いたからには、何か成し遂げてほしい。

そんな思いを込めて、新卒の新人たちと飲んだ。
気持ちは伝わったかなぁ?

010c5fe3ad2e5bd3463d5b0f2d3884c2fc61f46da1.jpg
集合写真

12:19 | コメント (0) | トラックバック

2012年05月30日

強い企業には理由がある!

皆様、こんにちは!NCネットワークの金澤です。
久しぶりのブログです。

昨日は久々に早く家に帰れたので、ゆったりTVを見ていました。
普段全くというほど、TVを見ない生活を送っていたので、何曜日に何の番組が
放送されるかは全くわかっていないわたしです。


昨日のガイアの夜明けを見た方も多いことと思いますが、
TOYOTAという会社はやはりスゴイですね!

生産現場のカイゼン見える化の凄さは、私も色々な本を
読んだり人づてにお話しを聞いたりして優れていることは知っていましたが、
生産現場のみならず、それら取り組みは、徹底されて販売・サービスにおいても確立されている
というのを昨日の”ガイアの夜明け”で知りました。

TOYOTAというブランド力の強さを改めて実感した次第です。

中国市場においてTOYOTAは、他の欧米メーカーや韓国メーカーに比べて
苦戦しているとのことでした。

それは日本と中国の文化の違いなども影響しているようで、中国市場で勝ち組みに
なるためのTOYOTAの戦略が今回の番組の大きなテーマとなっていました。

自動車の販売において、サービスレベルの向上を図るための見える化。
・ショールームに来たお客様を待たせないための見える化
・生産した自動車の在庫を放置せず売るための見える化=お客様に良い状態の自動車を販売する。
etc...

日本ではあたりまえに行われていることが海外では決してあたりまえではありません。
しかし、日本であたりまえに行われていると思われていることも実は、人によってムラがあります。
ベテラン社員があたりまえに出来ることを新人社員は同じレベルで同じ速さで同じ気持ちで
同じ精度では出来ないことが多いし、ベテラン社員でもミスします。

“見える化”をひと言でいえば、ビジネスにおける問題を常に見えるようにしておくことで、
問題が発生してもすぐに解決できる環境を実現すると共に、問題が発生しにくい環境を
実現するための取り組みだ。“見える化”の実現により、コスト上の無駄や改善の余地が
どこにあるかなどを明確にし、強い企業を実現できる。

上記の文章は以下URLから抜粋しました。
今回のテーマにあった過去の記事を見つけましたので、ぜひご覧ください!
http://japan.zdnet.com/development/analysis/20099108/

がんばるぞ!

10:15 | コメント (0) | トラックバック

2011年06月24日

機械要素技術展 NCネットワークお手製ブース

広報チーム金澤です。

夏日が続きますね、皆さんの会社でも節電対策されていますか?
昨日まで、仙台、気仙沼、石巻を訪問してきました。
仙台市内のある工場では会社のプロジェクトとして、使用電力20%カット!を目指し社員が頭を捻り
取り組まれているという話を聞きました。その日使用した電力は翌日には、社員全員が見える
という見える化を徹底して行っている、素晴らしい会社でした。

さて本日までビックサイトでは機械要素技術展が開催されていますね。
NCネットワークでも、会員企業様のブースデザイン&装飾を手がけさせていただいたので
ご紹介させていただきます。

●株式会社キャステム様(広島県福山市)

CASTEM1.jpg

CASTEM2.jpg

CASTEM3.jpg


●株式会社本間製作所様(埼玉県熊谷市)

HONMA1.jpg

HONMA2.jpg

HONMA3.jpg

今回の機械要素技術展は大盛況のようですね。
NCネットワークで手がけさせていただいたブースにも、たくさんのお客様が足を運んでいただいているようです。

展示会の装飾やPRにお悩みの方は、ぜひ一度NCネットワークにご相談ください!

株式会社エヌシーネットワーク 担当:茂原/秋本
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-4 ヒルクレスト御茶ノ水7階
TEL 03-5217-5403 FAX 03-5217-5411
http://www.nc-net.or.jp
emidasug@nc-net.or.jp

12:35 | コメント (0) | トラックバック

2011年02月17日

第2回 EV-HEV駆動システム技術展

みなさん、こんにちわ。
エミダスグループの稲垣です。

先月、東京ビックサイトで開催されました、
「第2回 EV-HEV駆動システム技術展」に、
エミダスプロ会員企業様を中心に10社で、共同出展いたしました!
アルファテック様伊藤精密製作所様イナテック様
 LSIクーラー様クライム・ワークス様大槇精機様日伸精工様
 ミヤキ様ムサシ様山岸製作所様

NC1-2.jpg

会場は、ものすごい数の人であふれかえっており、
そんな中、NCネットワークブースも、
動画を見て足を止める人、エミダスマガジンを手に取る人、
エミダス工場検索の説明に聞き入る人など、
常にたくさんの方にご来場いただけました。

昨年より、展示会自体の来場者数もかなり増えており、
EV・HEV業界の盛り上がりが伺えました。
海外の来場者の方も多く、活気溢れる展示会となりました。

また来年も、NCネットワークブースを拡大して出展したいと思っておりますので、
よろしくお願いいたします!

13:31 | コメント (0) | トラックバック

2011年01月11日

一歩一歩、新たな取り組み

製造業のみなさま

新年明けましておめでとうございます。
NCネットワークの金澤です。

弊社では御茶ノ水の事務所に引越してから恒例となっています【神田明神】に初詣に
行ってまいりました。
DSC_0162.jpg

2011年のお客様の飛躍やプライベートのこと、願うことは各自様々です。

さて、NCネットワークでは、今年NCネットワーク社員手帳が会社から配られました。

image1

201101111241000.jpg

2011年のスケジュール表はもちろん、NCネットワーク全社の2011年の売上・利益目標、
経営方針、NCネットワーク社員がNCネットワークで仕事をするために必要なものづくり魂
など、会社全体で共有する事柄が全て詰まっています。

今年一年、NCネットワークはこの手帳を肌身離さず持って、製造業の皆様の飛躍を
お手伝いするべく、心機一転がんばりたいと思います!

2011年も、どうぞよろしくお願いいたします。

12:42 | コメント (0) | トラックバック