EMIDAS Bloggo to NC Network

2017年03月14日

花見2017in上野 NCネットワークのイベント

今年のお花見

毎年、恒例のお花見を開催します。

日時 4月8日(土) 12時頃~17時頃

場所 上野公園 不忍の池

hanamibasho2016.jpg

会費 無料(持込歓迎、食べ物、ビール、酎ハイ、ハイボール、お好きなものを持ち込んでください)

いつ、来場いただいて、いつお帰りになっても結構です。

過去のお花見の模様↓

2014年のお花見

2013年のお花見

以上、どうぞよろしくお願いします

14:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

△このページの先頭へ

2017年03月04日

広島営業所開所式 NCネットワークのイベント

広島営業所の開所式を開催させていただいた。
名古屋、大阪、仙台、新潟、北陸に続く、6拠点目の営業所。

これまで、広島や、九州などは、東京や、大阪からサポートする関係上、
なかなか、しっかりとお客様のサポートができていなかった。
今回の営業所はそれをカバーする目的で、
本社に12年勤めた、大谷高史君(広島県広島市出身)に所長をお願いする。

〇NCネットワーク広島営業所 所長 大谷高史
file (2).jpg

file-4.jpg

テルモ株式会社の中尾顧問から「イノベーション」のお話をいただく。

〇講演をされる中尾顧問
file1.jpg

中尾顧問とは、中南米ツアーで縁故ができた。
中尾顧問は、文系ながら、100近い特許をお持ちだそうだ。
ともかく、みんなでアイディアを出しまくって、考えて、考え抜く。
アイディアを200出して、その中から、いいものを抽出していく。

それが中尾流の発想法だ。

その結果、テルモを業界NO1の企業に導いた。
また、事例として、中尾顧問が関わった、イノベーションアイディアをもとに
数年で800億の時価総額となった企業の紹介などをしていただいた。

続いて、中尾顧問と、株式会社キャステム戸田社長、オーティス株式会社佐山社長に
パネルディスカッションをお願いした。

〇パネラーのテルモ中尾顧問 キャステム戸田社長 オーティス佐山社長
file (1).jpg

「挑戦する製造業の未来」

と題して、お願いしたのだが、やはりパネルは難しい。
僕が司会をしてしまったのだが、来場者のみなさま、すみませんでした。
みなさんの持ち味を引き出せませんでした。
次回は、本業の方に任せよう。

そして、懇親会は盛り上がった。
中尾顧問を囲み「製造業イノベーション塾」を開催していこう、
という話になった。

日本製造業、広島で大いに盛り上がった~。
これから、大谷君、頼むで~。

file.jpg

13:36 | コメント (0) | トラックバック (0)

△このページの先頭へ

2017年02月27日

FBC Hanoi 2017 ものづくり商談会 海外視察・展示会~東南アジア

久しぶりにベトナムに行ってきた。

FBC Hanoi 2017 ものづくり商談会。
JETRO&FNAグループ(ファクトリーネットワークアジア)
そして(株)NCネットワーク、3社での共催イベントが開催された。

IMG_0216.jpg

ベトナム。人口9,000万人。
成長率8%を誇る。
東京から、約5時間。

相変わらず、フォーは美味い。
(卵、半生。大丈夫かな?)

IMG_0208.jpg

JETROとFNAグループ、NCネットワーク3社でのものづくり商談会を初めて行った。商談会は予想をはるかに上回る来場者で、出展者のみなさんには、喜んでいただけたと思う。

FNAグループCEO井上君の挨拶。

IMG_0226.jpg

来場者数 3,000人強、出展者数128社。
素晴らしい展示会となった。

ベトナムはこれからまだまだ可能性のある国だ。
フォーも美味いし、鶏も美味い。キノコ鍋や、パンも美味い。
人も親切だし、いい国だ。

しかし、交通インフラは、そろそろやばい。
早く、地下鉄をつくってほしい。
渋滞は大変なことになってきている。

さらにタクシーは最悪だ。
ホテルで、懇親会の店に行くのにタクシーに声をかけた。
タクシーは、10台近く並んでいる。
しかし、タクシーは乗せてくれない。
タクシーは、遠距離(空港まで)待ちで、近距離には動かない。

仕方なく、ホテルのボーイに頼むとUberで2~30分待ち。
夕方も、朝も一緒だった

ベトナムタクシー、最悪。
これだけはなんとかしてほしい。
いやぁ、まいったまいった。

09:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

△このページの先頭へ

2017年02月02日

宗ちゃんの思い出 NC社長・内原康雄

NCネットワーク仙台の所長をお願いしていた宗山君が、急遽、亡くなった。
46歳の若さでの急死であった。

宗山君のお別れ会は、3月24日(金)仙台にて、行われる。
詳細に関しては、また、別途、みなさんにお知らせする。

人は何が起こるか、わからない。
東北の弊社のお客様であれば、ご納得いただけると思うが、
宗山君(以後、宗ちゃん)は、本当にいい人であった。

暖かくて、優しくて、慈愛にあふれた男だった。
いつも、飲んでいて、途中で寝たかと思うと、復活して、夜中まで付き合う・・・
そんな男だった。

最初、宗ちゃんと活動したのは、ちょうど、震災直後の支援活動だった。

あの時は、無我夢中で、ともかく被災地に食糧、燃料、酒などを届けた。
宗ちゃんは、浜吉田、亘理、岩沼、仙台港、塩釜、石巻、気仙沼など、
海岸付近のエミダス会員と携帯で連絡を取り合い、どこに物資を届けたらいいか?
適切に動いてくれた。

NCネットワークの場合、全国に会員企業がいることから、
特に西日本の会員企業のみなさんに物資を多く送っていただいた。
これが出来たのは、宗ちゃんのおかげだった。
多くの会員企業のご家族や、近隣の方に物資をお届けし、喜んでいただいた。

当時を思い出すと涙が止まらない。

なにしろ数万人の死者、数十万人の被害者、その真っ只中に支援に行き、
いろいろな方の悲しみや憤りをお聞きし、そこから希望を見出す毎日だった。

仙台、気仙沼、石巻などは、ホテルがいっぱいでなかなか取れないので、
鳴子温泉や、秋保温泉、飯坂温泉などに宿泊をした。
被災地支援ということで、高級温泉ホテルが、一泊5千円で泊まれた。
食事はないので持って行ったカップラーメンや、ソーセージ、缶つま、などをおかずにして、
ビールを飲んだ。温泉だけは豪華で、宗ちゃんと一緒によくお風呂で語り合った。

そんな経験があったからか、東北のお客様との絆は、大変、深いものだ。
株式会社岩沼精工様、東和工業株式会社様、株式会社阿部製缶鉄工様、有限会社カネショウ工業様、雪ヶ谷精密工業株式会社様海岸に近く被害を直撃されたお客様のもとに、様々な物資をお届けした。

仙台近辺でも、株式会社エムジー様、株式会社ティ・ディ・シー様、日進工具株式会社様、
株式会社プラモール精工様などにも、物資をお届けさせていただいた。

平常時に戻ってからも、宗ちゃんのお客様とのお付き合いは、
まるで親戚のようなお付き合いであった。

秋田の株式会社共進斎藤常務には、ゴルフ道具一式を頂き、ゴルフを指導いただいていたが、
本人は一向に巧くなる気配がなかった。
しかし、最後、昨年の12月のゴルフコンペでは、120を切るスコアを始めて出した。

仙台から、福島、山形、岩手、秋田、青森まで、多くのお客様を廻っていただいた。
お客様の工場を廻る合間に、ずいぶん、ラーメンを食べた。
僕がラーメン好きなので、廻る工場の近くの美味しいラーメン屋さんを調べておいてくれるのだ。
ラーメンも大好きだった。

今頃、天国でもお客様のことを考えているに違いない。

合掌!

20150303寒河江皿谷食堂 (1).jpg

20150304二本松浪江食堂 (4).jpg

天童水車生蕎麦 (1).jpg

15:19 | コメント (0) | トラックバック (0)

△このページの先頭へ

2017年01月27日

東南アジアミッション 海外視察・展示会~東南アジア

フィリピン・インドネシア・ベトナムでの
安倍首相の経済ミッションに参加させていただいた。

ドイツ、中南米に引き続き、3度目の参加だ。
大手のメーカー、商社、ゼネコンの方々に加え、中小製造業の立場から、
ということで参加させていただいた。

フィリピンでは、株式会社日本デザインエンジニアリングの岩壁社長、
マテックス株式会社の的場社長、株式会社伊藤製作所の伊藤社長に参加いただいた。
(弊社からは、金澤が参加をした。)

○フィリピンでの会議風景
ダバオ_ビジネス会合1.jpg

ダバオ_ビジネス会合2.jpg

インドネシアは、伊藤製作所伊藤社長、株式会社オプコ高橋社長、
株式会社コージン
小柴社長(弊社からは、内原が参加をした。)

ベトナムでは、大野精工株式会社大野社長、株式会社エクストエンジニア渡辺社長、
株式会社遠藤製作所遠藤社長に参加いただいた。(弊社からは、大塚が参加をした。)

それぞれ、各国に工場を持っている方々である。

フィリピン:人口9000万人
インドネシア:人口2億5千万人
ベトナム:人口9000万人

フィリピン、ベトナムは、10年前後で日本の人口を上回る。
成長をしていく各国に対して、日本製造業が行うべきは、技術移転である。

各国で、それぞれみなさんに経済会議に出席いただき、
3分ほどのスピーチをしていただいた。共通しているのは
「人財を育て、その地に密着した工場を創り上げている」ことだ。

各国それぞれ、工場での人財定着率は低いが、
上記の方々の工場では、いずれも、定着率が高い。
その理由としては、日本的経営で、家族主義で社員を大切にし、
技術をしっかり根付くように教えているのが、主因だと思われる。

安倍首相のベトナムでのスピーチ

安倍首相がお話しされたのは、伊藤製作所のことであるが、
まさに現地に根付いて、地域の方々としっかりと企業を創り上げることが
製造業において重要なことだとあらためて思った。

○ベトナムでの会議風景
DSC01091.jpg

119.jpg

ちなみに僕はインドネシアだけだったが、
今回も、素晴らしい経験をさせていただいた。

経済ミッションの翌日には、経済ミッションに参加した3社の工場を
ANA(全日本空輸株式会社)の篠辺社長と、株式会社京三製作所戸子台社長と
共に見学させていただいた。

○政府専用機
政府専用機.jpg

19:19 | コメント (0) | トラックバック (0)

△このページの先頭へ