EMIDAS Bloggo to NC Network

2016年12月21日

本年もありがとうございました NC社長・内原康雄

皆さま、NCネットワークの内原です。

本年もありがとうございました。
今年も年忘れの時期になりました。
忘年会、真っ盛り、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

NCネットワークも、今年もいろいろとありました。
ハノーヴァーメッセ出展!
マークラインズ(株)(自動車ポータルサイト)さんとの提携
ロシアツアー
中南米ツアー(メキシコ&コロンビア)
ファナック・フィールドシステム・パートナー参加!
エミダスだよ!全員集合!!
映画「切子の詩」協賛参加
FNA(ファクトリーネットワークアジア)との資本提携

お客様の工場を訪問していると、
毎年、毎年、製造業は確実に進化していると感じる毎日です。

IOTにより、ますます進化していく製造業。

来年もますます、みなさまの会社が発展していくことを祈願します。
弊社の社員共々、よろしくお願いします。

18:56 | コメント (0) | トラックバック (0)

△このページの先頭へ

2016年12月06日

第14回エミダスだよ!全員集合!! NCネットワークのイベント

エミダスだよ!全員集合!!&会員商談交流会を開催させていただいた。
1年に一度、会員のみなさんにお集まりいただいて、交流をいただく会だ。

今年のメインテーマは、「IOTで進化する日本製造業」ということで、
ファナック稲葉会長に講演をいただいた。

IMG_8552.jpg

ファナックの稲葉会長からは、ファナックのフィールドシステムの説明をいただいた。

FIELDシステム.jpg

これは、コマツのコムトラックスの工作機械版ともいえる。
http://www.komatsu-kenki.co.jp/service/product/komtrax/

しかし、大きな違いは、他社の工作機械も繋げるということだ。
他社の工作機械とも繋げるのが大きなメリットだ。

FILEDシステム2.jpg

オープニングには、映画「切子の詩」の予告編を流させていただいた。
弊社の大塚が、オープニングの挿入歌を歌わせていただいた。

映画の内容は、機械商社の商社マンが、工場、メーカー、JAMSTEC、水族館などの
お客様を廻りながら、製造業の本質を見つめていく、というストーリーである。
僕も映画好きではあるが、製造業の実態を描いていて、秀逸である。

〇切子の詩予告篇
https://www.youtube.com/watch?v=zZHbVDPZBzk&feature=youtu.be

恵美ちゃんにはいつもどおり、「EMIDAS ここは未来に続く場所」を歌っていただいた。

野島DSC08508.jpg

懇親会も1次会、2次会、3次会(歌)、4次会まで、宴会は続いた。

18:12 | コメント (0) | トラックバック (0)

△このページの先頭へ

2016年10月20日

Hilltop.USA.incを訪問した。 海外視察・展示会~南北アメリカ

Hilltop.USA.incを訪問した。

HILLTOP(株) は、京都府宇治市に本社を置く、
アルミ切削加工業である。現在、本社92名、東京営業所4名、
そして、ロサンゼルス13名(うち3名日本人)という陣容だ。

今回は、ロサンゼルスのアーバイン(ディズニーのアナハイムよりも
さらに南東、LAから50kmの地点)にある、HILLTOP・USAを訪問した。
(前回、訪問したときは、マシニングセンターが入ったばかりで、稼働していなかった)

2014年4月にオープンしたHILLTOP・USA。

社屋外観.jpg

2年目で単月黒字を達成し、3年目は、通期黒字になる。
顧客ゼロで、しかも米国企業を相手にこの結果だ。
日本企業の新しい戦い方がここにある。

米国での客先開拓であるが、まったく客先がないところからスタートした。
どうやって客先を開拓していったのか?

顧客開拓の中心は展示会である。

展示会にて「5Days Delivery(納期5日)」の看板を掲げ、
複雑3次元形状の製品を並べる。

20161027展示品.jpg

20161027展示会ブースにて.jpg

説明員には女性を中心に配置し、
興味を持った顧客がブースに入りやすい環境を整える。

そんな、展示会出展のおかげで、1年目50社、2年目180社、
3年目300社と客先開拓を行っている。

当初は、全米の展示会に出ていたが、
現在は、カリフォルニアの展示会に年6回くらい、出展し、
売上比率8割がカリフォルニア州のローカル企業である。

日系は5%にも満たない。

「現在は、既存顧客の営業の深堀を進めています。
米国は広いのであまり営業範囲を広げると効率が悪い」と
米国の責任者 山本勇輝氏は、語る。

社員数も13名(うち日本からの出向3名)までに増加した。

HILLTOPが米国で行っているのは、アルミの切削加工である。

HILLTOPのアルミ加工の特徴は、
多品種小ロットの短納期で提供できるところにある。

3次元の難易度の高い形状であっても、
初品5日。リピート3日で提供している。
さらに設計(CAM)は、京都で行い、出力のみ(マシニングセンター)を
米国で行っているのが大きな特徴である。

その根幹にあるのが、HILLTOPシステムだ。

見積→受注→プログラム製作→加工→納品→売上までの工程を、
最適化したソフトウェア群にて、徹底的にカスタマイズしたものが
HILLTOPシステムである。

3次元CADは、SolidWorksをベースにしながら、
あらゆるCADの受入れを行うことが可能だ。

3次元CAM(プログラム製作)では、複数のCAMを利用しているが、
すべてカスタマイズしているために、自社CAMのように扱うことが出来る。

文系の女性が、およそ半年で使いこなせるようになる
プログラム教育も驚異的だ。

このHILLTOPシステムを利用し、
見積もりから納品までのリードタイムの徹底的な短縮を図っている。

設計や、CAMを米国でやると人件費が日本の倍は掛かるとのこと。

この部分を日本にデータを渡し、翌日には米国でプログラムを載せる。
そんなシステムが確立させたのが、HILLTOPの強みである。

まさに先進国、米国カリフォルニア州で、ビジネスモデルが確立したといえよう。

HILLTOPの次の目標は、中西部(オハイオ、ミシガン近辺)か、東部(ペンシルバニア)だという。

今後、さらにヨーロッパに向けて、HILLTOPの躍進を期待する。

18:32 | コメント (0) | トラックバック (0)

△このページの先頭へ

2016年09月26日

インダストリー4.0 とは? 工場見学~関西

先週、HILLTOP(株) に行った。

山本副社長に「インダストリー4.0 って、どう思うか?」との
質問を投げかけたところ、明快な解答が返ってきた。

「そんなもん、使い倒せばいいんや。日本は、30年前からインダストリー4.0 をやっている、
 そこに新しい概念はない。さらにこれをきっかけにものづくりがオープン化されるのであれば、それをどんどん利用すればいい。」との話をいただいた。

最近、インダストリー4.0 や、IoT に関する議論が多い中、
なんか、おかしいと感じる今日この頃。

その疑問に山本副社長は明快に答えてくれた。

さらに、大阪の(株)山本金属製作所、山本社長のこの図を見てほしい。

YAMAMOTO.JPG

そうだ。

IoT のインフラを作っている企業群。

Google、Apple、Amazon、Cisco、日本からは日立、NTT、ソフトバンク。

これらのサーバーに貯められたビックデータを
解放してくれるのであれば、それを使えばいいだけである。

さらに系列を作っている大手メーカー群。

自動車=トヨタ、ホンダ、日産、GM、ベンツ、ワーゲン etc
インフラ=日立、東芝、三菱重工、GE、シーメンス etc

これらの系列においては、それぞれの系列の中で
系列内インダストリー4.0 が起きている。

しかし、系列内の作り方をオープン化するか?出来るか?
ここはクローズだ。オープン化できる訳がない。

そして、重要なのは、製造業者が、それをどう利用するか?ということだ。
利用方法が問題なのだ。

これまで日本は、最先端に、CAD/CAM、CAE、工程管理、品質管理などの
ツールを使いこなしてきた。

今後も一緒である。

iPhoneや、iPad、そこに入っているソフト(映像ソフト、音声ツール、ネットワークツール)
などを使いこなし、利用すればいいだけだ。

IoT インフラが提供してくれるビックデータや、クラウドを使いこなし、
さらに系列内から提供される IoT データを利用し、
最先端、最速のものづくりを行っていくのが日本製造業の使命である。

何も、問題ない。

日本は、使いこなせる、使いこなしている。

(株)山本金属製作所山本社長、HILLTOP(株)山本副社長(ダブル山本でややこしいが)、
ありがとうございました。

○9月16日HILLTOP株式会社様での工場見学会 集合写真
HILLTOP株式会社様工場見学会.jpg

09:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

△このページの先頭へ

2016年08月08日

新潟工場見学会+α 工場見学~中部・北陸

新潟の工場を3日間で、12社、訪問させていただいた。

○8月2日

㈱マルサ 燕市 プレス加工、金型製作、クランプ加工

㈱青芳製作所 燕市 什器、雑貨、燕三条の製品・販売

㈱武田金型製作所 燕市 金属プレス金型製造

シマト工業㈱ 燕市 什器、雑貨、燕三条の製品・販売

㈲広一化学工業 燕市 メッキ加工

○8月3日

hakkai㈱ 南魚沼市 精密プレスチック成形

㈱長岡歯車製作所 長岡市 歯車加工

エヌ・エス・エス㈱ 小千谷市 スピンドル製造

㈱浅田精機 小千谷市 精密機械加工

○8月4日

㈱難波製作所 長岡市 板金加工、鉄道機器製作

㈱新越ワークス 燕市 調理器具の製造・販売

㈱齋鐵 三条市 金属プレス加工、ストーブ組立

夏の新潟は、熱い。
熱い中での工場見学だが、話を聞くとますます熱くなる。

今回は、弊社の新人+インターン(来季の新卒)の勉強も兼ねて、
多くの会社を訪問させていただいた。

それぞれたくさんの感想を得たと思う。
僕の仕事は、製造業を好きになり、製造業とともに成長しよう、という人を創ることだ。

その間に、ラーメンを食べたり、花火を見たり、ラーメンを食べたり、納涼会に出たりと
朝から、夜まで忙しい。

工場訪問にお付き合いいただいた工場のみなさま、およびインターン、新人のみなさま、お疲れ様でした。

工場見学
工場風景.jpg

工場風景1.jpg

工場風景2.jpg

ラーメン
ラーメン.jpg

長岡花火
長岡花火.jpg

集合写真 難波製作所様にて
集合写真難波製作所様にて.jpg

12:59 | コメント (0) | トラックバック (0)

△このページの先頭へ