EMIDAS Bloggo to NC Network

2016年10月20日

Hilltop.USA.incを訪問した。 海外視察・展示会~南北アメリカ

Hilltop.USA.incを訪問した。

HILLTOP(株) は、京都府宇治市に本社を置く、
アルミ切削加工業である。現在、本社92名、東京営業所4名、
そして、ロサンゼルス13名(うち3名日本人)という陣容だ。

今回は、ロサンゼルスのアーバイン(ディズニーのアナハイムよりも
さらに南東、LAから50kmの地点)にある、HILLTOP・USAを訪問した。
(前回、訪問したときは、マシニングセンターが入ったばかりで、稼働していなかった)

2014年4月にオープンしたHILLTOP・USA。

社屋外観.jpg

2年目で単月黒字を達成し、3年目は、通期黒字になる。
顧客ゼロで、しかも米国企業を相手にこの結果だ。
日本企業の新しい戦い方がここにある。

米国での客先開拓であるが、まったく客先がないところからスタートした。
どうやって客先を開拓していったのか?

顧客開拓の中心は展示会である。

展示会にて「5Days Delivery(納期5日)」の看板を掲げ、
複雑3次元形状の製品を並べる。

20161027展示品.jpg

20161027展示会ブースにて.jpg

説明員には女性を中心に配置し、
興味を持った顧客がブースに入りやすい環境を整える。

そんな、展示会出展のおかげで、1年目50社、2年目180社、
3年目300社と客先開拓を行っている。

当初は、全米の展示会に出ていたが、
現在は、カリフォルニアの展示会に年6回くらい、出展し、
売上比率8割がカリフォルニア州のローカル企業である。

日系は5%にも満たない。

「現在は、既存顧客の営業の深堀を進めています。
米国は広いのであまり営業範囲を広げると効率が悪い」と
米国の責任者 山本勇輝氏は、語る。

社員数も13名(うち日本からの出向3名)までに増加した。

HILLTOPが米国で行っているのは、アルミの切削加工である。

HILLTOPのアルミ加工の特徴は、
多品種小ロットの短納期で提供できるところにある。

3次元の難易度の高い形状であっても、
初品5日。リピート3日で提供している。
さらに設計(CAM)は、京都で行い、出力のみ(マシニングセンター)を
米国で行っているのが大きな特徴である。

その根幹にあるのが、HILLTOPシステムだ。

見積→受注→プログラム製作→加工→納品→売上までの工程を、
最適化したソフトウェア群にて、徹底的にカスタマイズしたものが
HILLTOPシステムである。

3次元CADは、SolidWorksをベースにしながら、
あらゆるCADの受入れを行うことが可能だ。

3次元CAM(プログラム製作)では、複数のCAMを利用しているが、
すべてカスタマイズしているために、自社CAMのように扱うことが出来る。

文系の女性が、およそ半年で使いこなせるようになる
プログラム教育も驚異的だ。

このHILLTOPシステムを利用し、
見積もりから納品までのリードタイムの徹底的な短縮を図っている。

設計や、CAMを米国でやると人件費が日本の倍は掛かるとのこと。

この部分を日本にデータを渡し、翌日には米国でプログラムを載せる。
そんなシステムが確立させたのが、HILLTOPの強みである。

まさに先進国、米国カリフォルニア州で、ビジネスモデルが確立したといえよう。

HILLTOPの次の目標は、中西部(オハイオ、ミシガン近辺)か、東部(ペンシルバニア)だという。

今後、さらにヨーロッパに向けて、HILLTOPの躍進を期待する。

18:32 | コメント (0) | トラックバック (0)

△このページの先頭へ

2016年09月26日

インダストリー4.0 とは? 工場見学~関西

先週、HILLTOP(株) に行った。

山本副社長に「インダストリー4.0 って、どう思うか?」との
質問を投げかけたところ、明快な解答が返ってきた。

「そんなもん、使い倒せばいいんや。日本は、30年前からインダストリー4.0 をやっている、
 そこに新しい概念はない。さらにこれをきっかけにものづくりがオープン化されるのであれば、それをどんどん利用すればいい。」との話をいただいた。

最近、インダストリー4.0 や、IoT に関する議論が多い中、
なんか、おかしいと感じる今日この頃。

その疑問に山本副社長は明快に答えてくれた。

さらに、大阪の(株)山本金属製作所、山本社長のこの図を見てほしい。

YAMAMOTO.JPG

そうだ。

IoT のインフラを作っている企業群。

Google、Apple、Amazon、Cisco、日本からは日立、NTT、ソフトバンク。

これらのサーバーに貯められたビックデータを
解放してくれるのであれば、それを使えばいいだけである。

さらに系列を作っている大手メーカー群。

自動車=トヨタ、ホンダ、日産、GM、ベンツ、ワーゲン etc
インフラ=日立、東芝、三菱重工、GE、シーメンス etc

これらの系列においては、それぞれの系列の中で
系列内インダストリー4.0 が起きている。

しかし、系列内の作り方をオープン化するか?出来るか?
ここはクローズだ。オープン化できる訳がない。

そして、重要なのは、製造業者が、それをどう利用するか?ということだ。
利用方法が問題なのだ。

これまで日本は、最先端に、CAD/CAM、CAE、工程管理、品質管理などの
ツールを使いこなしてきた。

今後も一緒である。

iPhoneや、iPad、そこに入っているソフト(映像ソフト、音声ツール、ネットワークツール)
などを使いこなし、利用すればいいだけだ。

IoT インフラが提供してくれるビックデータや、クラウドを使いこなし、
さらに系列内から提供される IoT データを利用し、
最先端、最速のものづくりを行っていくのが日本製造業の使命である。

何も、問題ない。

日本は、使いこなせる、使いこなしている。

(株)山本金属製作所山本社長、HILLTOP(株)山本副社長(ダブル山本でややこしいが)、
ありがとうございました。

○9月16日HILLTOP株式会社様での工場見学会 集合写真
HILLTOP株式会社様工場見学会.jpg

09:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

△このページの先頭へ

2016年08月08日

新潟工場見学会+α 工場見学~中部・北陸

新潟の工場を3日間で、12社、訪問させていただいた。

○8月2日

㈱マルサ 燕市 プレス加工、金型製作、クランプ加工

㈱青芳製作所 燕市 什器、雑貨、燕三条の製品・販売

㈱武田金型製作所 燕市 金属プレス金型製造

シマト工業㈱ 燕市 什器、雑貨、燕三条の製品・販売

㈲広一化学工業 燕市 メッキ加工

○8月3日

hakkai㈱ 南魚沼市 精密プレスチック成形

㈱長岡歯車製作所 長岡市 歯車加工

エヌ・エス・エス㈱ 小千谷市 スピンドル製造

㈱浅田精機 小千谷市 精密機械加工

○8月4日

㈱難波製作所 長岡市 板金加工、鉄道機器製作

㈱新越ワークス 燕市 調理器具の製造・販売

㈱齋鐵 三条市 金属プレス加工、ストーブ組立

夏の新潟は、熱い。
熱い中での工場見学だが、話を聞くとますます熱くなる。

今回は、弊社の新人+インターン(来季の新卒)の勉強も兼ねて、
多くの会社を訪問させていただいた。

それぞれたくさんの感想を得たと思う。
僕の仕事は、製造業を好きになり、製造業とともに成長しよう、という人を創ることだ。

その間に、ラーメンを食べたり、花火を見たり、ラーメンを食べたり、納涼会に出たりと
朝から、夜まで忙しい。

工場訪問にお付き合いいただいた工場のみなさま、およびインターン、新人のみなさま、お疲れ様でした。

工場見学
工場風景.jpg

工場風景1.jpg

工場風景2.jpg

ラーメン
ラーメン.jpg

長岡花火
長岡花火.jpg

集合写真 難波製作所様にて
集合写真難波製作所様にて.jpg

12:59 | コメント (0) | トラックバック (0)

△このページの先頭へ

2016年06月27日

世界最大の鉄道模型 趣味~鉄道

京都の鉄道博物館がオープンした。
大宮、名古屋(リニア)など、鉄道博物館は多いが、ドイツは流石である。

ハンブルグの「Miniature Wunderland」に行った。
ここは、世界最大のミニチュア鉄道模型館である。
場所はハンブルグ中央駅から、Uバーンで4駅 Baumwall駅から徒歩5分の場所だ。
ここはHOゲージに特化している。

この映像を観てほしい。
http://www.miniatur-wunderland.com/

やばいっしょ。
なんでもオーナーの方が子供のころから兄弟で大の鉄道模型マニア。
10歳の頃に世界で一番大きい鉄道模型を作ろうと考えた。
大人になって、鉄道模型をやるのは、お金が掛かることがわかった。
そこで、自分の夢を銀行に持って行った。
銀行は、1億円、融資してくれた。
そこから夢に向けて挑戦が始まったのだ。

現在では、従業員200名以上を抱える企業へと成長した。
世界中からの訪問が列挙してある。
日本人の訪問者は、まだ、25,000名である。
IMG_7749.jpg

圧巻なのは、ハンブルグ空港をモデルにした”Knuffingen Airport”(ナフィンゲン空港)エリアである。
下手な特撮映画の模型よりも遥かに出来がいい。
また、鉄道だけでなく、バス、トラック、乗用車の動きも複雑だ。

IMG_7754.jpg

IMG_7756.jpg

すべての制御は、コンピューター制御になっている。

これまでの歴史は、
2001 ドイツのOsterreih地方
2001 ドイツのknuffingen地方
2002 ドイツのhamburg駅周辺
2003 米国
2005 スカンジナビア
2007 スイス
2011 knffingen空港
2016 イタリア(未完)・・・作っている最中だった

の順番でオープンしている。

今後もどんどん作り続ける予定だそうだ。
JAPANエリアも作ってほしい。

関水金属さん、トミーさん、頼みます。
これに負けないくらいの日本初の鉄道模型ミュージアムも作ってほしい。

日本では
原鉄道ミュージアム
リニア館
などが有名であるが、模型の精巧さでは、原鉄道ミュージアムが多少は凄いが、
他はいまいちである。

日本の鉄道模型マニアの力を結集して作ってほしい。

いやぁ、楽しかった。

11:40 | コメント (0) | トラックバック (0)

△このページの先頭へ

2016年05月30日

ハノーバー・メッセ2016 海外視察・展示会~ハノーバー・メッセ

5回目のハノーバー・メッセである。

今年の出展社は、
(株)サクラテック(2回目)福島県

(株)サクラテック様
サクラテック様.jpg

東海アヅミテクノ(株)(2回目)三重県

東海アヅミテクノ(株)様
東海アヅミテクノ様.jpg

(株)小林製作所(2回目)石川県

(株)小林製作所様
小林製作所様.jpg

(株)ミヤキ(2回目)静岡県

(株)ミヤキ様
ミヤキ.jpg

(株)ジェイアンドシー神奈川県

(株)ジェイアンドシー様
ジェイアンドシー様.jpg

タイメック(株)岡山県

タイメック(株)様
タイメック様.jpg


トックベアリング(株)東京都

トックベアリング(株)様
トックベアリング様.jpg

以上の7社であった。

また、4年連続出展してきた(株)東亜鍛工所は、今年は台湾企業と共同出展で出場した。
英文の日本発信で有名な(株)インデックスライツさんも、10社の企業と共同出展である。

今回は、これまでの経験をもとに、日本の短納期に焦点を当てて、
「1Week Delivery from JAPAN」というタイトルを掲げた。

予想通り、
「本当か?」「ウソだろ?」「出来るわけない」という質問が続出した。
しかし、サクラテック、東海アヅミテクノ、タイメック、小林製作所、ジェイアンドシーの
試作品は、エアー(航空便)であれば、実際に7日間あれば、運ぶことが出来るのだ。
もちろんすべての製品は無理だが・・・

そんなことで、注目度は集まった。
さらにみなさん、口をそろえて、「大丈夫、出来ます」ということで応えていただき、
海外のみなさんを驚愕させたのである。

〇会場入り口
会場入り口.jpg

〇共同出展ブース
NCネットワーク共同出展ブースは今年も相変わらずメイン通路に面している
HALL5のC14。
人の流れと、遠くからも目立つキャチコピーで注目度は昨年より倍増していた。
共同出展ブース風景.jpg

今年はインダストリー4.0、IOT(Internet of Things)が幅を利かせていた

insutory40.jpg

〇打上風景
懇親会場面.jpg

最後の日には魔女で有名なGOSLERの街を訪れた。
魔女達.jpg

相変わらず、ヨーロッパ、綺麗で素晴らしい国である。
〇歴史を感じる街並み
歴史を感じる風景.jpg

〇視察先で集合写真
ad.jpg


〇全員での集合写真
全員集合写真.jpg

18:59 | コメント (0) | トラックバック (0)

△このページの先頭へ