EMIDAS Bloggo to NC Network

2013年03月12日

九州の旅

 
 
九州に行った。

仕事は、九州のお客様を回ること。
趣味は、九州の鉄道(肥薩線・・・肥後の国と薩摩の国を結ぶ路線)に乗ること。

以上の目的である。


株式会社フュージョンは、
熊本で機械加工を行っている設立9年目の企業である。
マシニングセンター17台を機軸として、短納期の機械加工を得意としている。
お客様の要望があれば、当日受け、当日出荷も厭わない。
そのため、社内はいつでも臨戦態勢である。

國武社長は、変り種である。
元国体の体操選手出身だが、
その後、警察官を経て、地元の機械加工業者で営業を経験し、
株式会社フュージョンを設立した。

エミダス会員の多くの機械加工屋は、
社長自らエンジニア(職人)出身の社長が多いが、
「僕は機械を知らない。お客様の要望に応えるのが僕の役目だ」と
國武社長は語る。
短納期の要望に徹底的に応えることが功を奏してか、
リーマン以降も業績を伸ばし、躍進中だ。


翌朝、午前中、時間があったので熊本城を観にいった。
九州はエンタテイメントに燃えていると聞いていたが、
まさか、熊本城がエンタテイメントになっているとは知らなかった。

歴史の感じる流麗な石積みに感動しながら、いよいよ入場。
サムライの恰好をした若者が、話しかけてくる。

サムライ「何か用事はござるか?」
内 原 「殿様はこの城に住んでたんですか?」
サムライ「いや、城は武器庫でござった。
      こちらの宝殿が殿が住まわれていたとされている。
      しかし、殿がどこにいるか、わかってしまっては、暗殺されるかもしれんので、
      正確な場所はわからんのじゃ。」
内 原 「へーっ、殿様は城に住んでなかったんだ」
サムライ「そうでござる」
内 原 「ども、ありがとう」
サムライ「礼にはおよばぬっ!」

いやぁ、かっちょいい若者だ。
話を聞くと、市の役人だそうだ。
面白い商売もあるなぁ、と思い、熊本城を見学した。
このサムライたちのおかげで、見学は大変面白いものになり、
大満足状態で熊本城を後にした。


熊本城_R.JPG
熊本城


熊本城の中_R.JPG
熊本城の中
 
 
 
午後は、株式会社マルマエ(機械加工・・・鹿児島)にお伺いした。
株式会社マルマエの前田社長は、バイク八時間耐久レースのレーサー出身である。
バイクのチューンアップなどを手掛けながら父親のマルマエ工業を継いだ。
その後、業務を拡大し、半導体製造装置、液晶製造装置、太陽電池製造装置などの
大型製造装置の機械加工を手掛け、2006年にマザーズに上場した。

しかし、2009年リーマンの影響で売上が激減し、銀行管理下になった。
現在は、業績もだいぶ回復した。
苦労を重ねた前田社長だが、美味しい鹿児島料理を食べながら、
製造業の未来を語り合った。

翌朝、いよいよ肥薩線の旅である。
hakkai行方専務にお付合いいただき、朝7:46 出水発 で八代に着く。

八代からいよいよ肥薩線の旅の開始である。
 
 
肥薩線_R.JPG
肥薩線
 
 
 
肥薩線は、肥後の八代を起点に
日本3大急流の一つ球磨川沿いを流麗に走り人吉まで。
人吉から薩摩の国、吉松までとそこから、
鹿児島隼人までの約120キロの路線である。
約4時間かけて、二度の乗り継ぎをして列車は走る。

エンタテイメント列車なので、やたら停車時間が多いのだ。
景色のいいところは必ず列車が止まる。

さらに客室乗務員は、すべて薩摩(肥後)美人。

最初に検察に来た後に、飲み物を売りに来る。
ここまでは普通だが、3度目にはスタンプカードを押しに来てくれる。
そこで仲良くなった所で、
4度目にキーホルダーとクリアファイルを売りに来る。
5度目は、写真を撮ってくれるという大サービスだ。
 
 
5度目のサービス_R.JPG
5度目のサービス
 
 
 
花丸大回転と呼んでいいか、疑問だが、
ともかく、車中、お客様を飽きさせないサービス満点である。

途中下車駅に止まると、田舎のおばちゃんと子供たちが手を振り、お出迎え。
おにぎり2個150円。ゆでたまご3個100円の大判振る舞い。
さらには子供駅長もいる。


途中下車駅_R.JPG
途中下車駅の様子


子供駅長_R.JPG
子供駅長
 
 
 
旅は、素晴らしいが、ここまでエンタテイメントにしてもいいのだろうか?

ふと、田舎のおばちゃんが、列車が走り去ったあと、ベンツかなんかに乗って
「今日の客はけちいなぁ、」などと雑談をしていないかなどと想像してしまった。

いやぁ、九州のエンタテイメント列車、堪能させていただきました。

16:47 | コメント (0) | トラックバック

2012年11月13日

沖縄県の工業団地

仕事で初めて沖縄に来た。
いやぁ、沖縄にも工業団地があるのだなぁ~。
(日本金型工業会の話で知ってはいたが・・・)

仕事で来れるとは思っていなかった。
那覇空港を降りるとそこは、もう南国。
半袖、短パンの世界である。

そうそう、観光ではない。
仕事だ仕事。

さて、今回来た工業団地は、沖縄のちょうど真ん中に「うるま市」にある。
うるま市は人口11万人。
さんご礁に囲まれた美しい島という意味だそうだ。

ここは日本で唯一、経済特区として企業誘致を行っている。
法人課税が22%(~5年)、27%(6年~10年)
さらに設備投資減税、低融資制度、雇用に関しての優遇制度。
等々。

"国際物流拠点産業集積地域 うるま地区(旧特別自由貿易地域)"

素晴らしいではないか。
NCネットワークも本社を沖縄に移したいくらいだ。

しかし、南国に移ると働かなくなってしまうのだろうな???
うーん、悩むなぁ。



そこで、金型技術センター 金城(きんじょう)さんの話を聞いた。



金城さんは、静岡でバイクメーカー某社に長年勤めていて、
金型技術には一過言あるお方だ。

金城さんが目指している沖縄の工業は、東南アジアと一線を画し、
日本ならではの強みを持った企業をたくさん集めることである。

沖縄のGDPは約3兆 そのうち軍事関連は2000億。
就業人口 60万人 そのうち軍事関連は、9000人。
沖縄=軍事関連の補助金で潤っているというイメージがあるが、意外とそうでも
ない、と仰っていた。

今、金城さんが一生懸命開発しているのは電気自動車だ。

沖縄は実に電気自動車に適した島である。
全長140km。
実質的に那覇空港から観光で移動するとしても100kmくらいの人がほとんど
である。

電気自動車がフル重電で走る最大の距離は、130~160kmが普通なので、
ちょうどいいということになる。
金城さんは今、電気自動車=環境=沖縄という図式で、
沖縄に新たな電気自動車革命を起こそうとしている。

素晴らしいなぁ、と感動した。


金型技術センターで話を聞いた後、
大垣精工 沖縄工場、YAMAHA データセンター、昭和金型、BEAC、
ニップラさんを見せていただいた。

まだ、それぞれレンタル工場団地で動き始めたばかりという感じではあるが、今
後が楽しみである。

半年後、再度、工場見学をしようと思う。

16:08 | コメント (0) | トラックバック

2012年10月16日

工場見学ツアー in 沖縄!(予告)

 ソディックの藤巻前副社長のお誘いで沖縄の工業団地を見に行かないかと
 お誘いが来た。

 おきなわ・・
 おきなわ・・・
 おきなわ・・・・・

 「いきます!」

 ひとこと。

 すぐにひとこと。

 絶対、いきたーい。

 いやぁ、初めて仕事で沖縄!

 北は北海道から、南は鹿児島まで、全国にお客様はいるので、
 これまで全国都道府県廻らせていただいたが、沖縄は初めてだ。

 観光では何度か行ったことがある。
 しかし、仕事で行けるなんて嬉しい。

 (ついでにサーフィン???)
 (ついでにダイビング???)
 まぁ、とりあえず、仕事や仕事。


  ☆★ 特別自由貿易地域のうるま市 工業団地見学会 ☆★☆★☆★
 
   ◎日程:11月8日(木)~9日(金)

   ◎概要・お申込み
     ⇒ http://www.nc-net.or.jp/event/factorytour/m_9/
 
  ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 そうそう、仕事は重要です。
 来週、10月25日(木)は、広島の紙飛行機ギネス記録でも
 有名なキャステム様にお世話になる。
 キャステム様は、精密鋳造でも著名な企業だ。
  ⇒ http://www.nc-net.or.jp/event/factorytour/m_7/

 そして、11月27日(火)は、長野の黒田精工様、ミクロ発條様。
  ⇒ http://www.nc-net.or.jp/event/factorytour/m_8/


 工場見学は楽しい!

 そして、この数年。
 NCネットワークでは海外ツアー&展示会を推進してきた。
 もともとワールドエミダスが出来たからではあるが、東南アジア&欧米から、
 いかに仕事を取るか?

 これが日本製造業の最大の課題である。

15:49